おーちゃんの今日もラジコン日和

レストア、改造、今日は何をしよう?

GF-01×ワイルドウイリー2 排土板ギミック

どうも。""作るの9割、走るの1割で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。


f:id:itmk4913:20180709001613j:image

アルミオプション満載&首振りギミック&ライトユニット装着&ステルスマウント仕様と、もうこれ以上弄るところがないと思っていたGF-01×ワイルドウイリー2ですが、突如として排土板ギミックの案が浮かんできたので、またまた工作してみました。上の写真は(一応の)完成形です。


f:id:itmk4913:20180709002203j:image

先日製作したトラクターでは、タミヤさんの4速クランクギヤボックスを使いましたが、「マイクロサーボを使えばGF-01でもイケるんじゃない?」と思いまして・・・


f:id:itmk4913:20180709002142j:image

で、お試し版1号機を作ってみました。トラクターの排土板は上下の動きだけでしたが、今回は2個のサーボで上下のほか左右にも傾けられるようにしました。


f:id:itmk4913:20180709002649j:image

マシンに合わせてみるとこんな感じ(↑)です。お試し版とは言えカッコ悪すぎ(汗)。まあ、動作確認とマイクロサーボのトルクを確認したかっただけなので、これはこれでOKですけど。


f:id:itmk4913:20180709002948j:image

お試し版1号機で何とかなりそうな予感がしてきたので、ちょっと本格的な、お試し版2号機を製作します。本番と同じ形を想定しつつ、材料は加工しやすいプラバンで写真のようなパーツを作りました。


f:id:itmk4913:20180709003012j:image

サーボはturnigyさんのTG9zを二つ使います。安いのにキチンと仕事をしてくれるので、重宝しています。


f:id:itmk4913:20180709003032j:image

四角い穴をあけたパーツにサーボを固定し、もう一枚のプラバンとつなぐための高ナットをつけました。


f:id:itmk4913:20180709003110j:image

上側のプラバンと上下に可動させる部分のミニステーを取り付けました。写真手前のネジにもミニステーを取り付ける必要があるのですが、忘れてますね。


f:id:itmk4913:20180709003146j:image

 排土板の左右の動きは、タミヤさんのラダーチェーン&スプロケットセットに入っていた、赤いパーツを使いました。白いプラバンは、排土板取付用のパーツです。


f:id:itmk4913:20180709003213j:image

排土板取付用のパーツとサーボを載せたパーツを連結し、排土板ユニットができました。あら?写真がサーボと排土板を繋ぐロッドを取り付ける前のやつですね。


f:id:itmk4913:20180709003307j:image

続いてはマシン側。排土板ユニットを取り付けるパーツはこんな感じ(↑)です。アクティブさんのアルミスキッドバンパーの取付穴に合わせて穴をあけたプラバンにミニステーを取り付けただけです。


f:id:itmk4913:20180709003325j:image

スキッドバンパーの上から先ほどのパーツを取り付けました。プラバンに塗装するか、アルミ板で作り直すかは検討中です。


f:id:itmk4913:20180709003346j:image

スキッドバンパーの上のパーツ(ガードバンパーとか言うのかな?)をいったん取り外して・・・


f:id:itmk4913:20180709003512j:image

上下可動用のサーボをマウントするためのプラバンを挟んでガードバンパーをつけ直し、マイクロサーボを固定しました。


f:id:itmk4913:20180714161313j:image

上下可動用のサーボと排土板ユニットは、アルミチェーンで繋いで引き上げるスタイルです。


f:id:itmk4913:20180709003655j:image

最後に排土板です。とりあえずポテチの筒を切り開き、丸みを少し伸ばしたもので行きます。あまり強度はありませんが、そもそも排土板ユニットもプラバンだから、軽作業しかさせられないので、これで良しとします。

 
f:id:itmk4913:20180714161118j:image

裏から紙をあてて補強しつつ、切り開いた筒を繋いで表に返すと、こんな感じ(↑)になります。元々の銀色を生かして金属っぽくしたつもりですが・・・?


f:id:itmk4913:20180709001613j:image

排土板を取り付け、全体的に見るとこんな感じ(↑)です。真横から見ると少々間延びした感じですが、この角度からなら、そこそこイイ感じじやないでしょうか?

 
f:id:itmk4913:20180714161605j:image

受信機をファインスペックからATTACK4WDのに替えて、排土板の2つのサーボを繋ぎました(配線の取り回しにてこずって途中の写真を忘れました。)。

では、動作を確認していきましょう。まずは左右の動きから。

 
f:id:itmk4913:20180714162346j:image

緊張のスイッチオン。ライトもオン。


f:id:itmk4913:20180714162415j:image

排土板右。


f:id:itmk4913:20180714162438j:image

排土板左。


f:id:itmk4913:20180714162346j:image

もう一度正面。もう少し大きく傾けてもいいような気もしますが、動作自体は問題ありません。

 
f:id:itmk4913:20180714162528j:image

続いては上下の動きです。ニュートラルでは排土板は一番下がった状態です。少し浮かせた状態をニュートラルにすることも検討しましたが、サーボに負荷をかけ続けるのは良くないのでヤメました。

 
f:id:itmk4913:20180714162610j:image

排土板を引き上げるとこんな感じ(↑)。

 
f:id:itmk4913:20180714162528j:image

 スティックを戻すと当然元の位置に戻ります。

 
f:id:itmk4913:20180714162647j:image

スティックを逆に倒してもチェーンが緩むだけで、これ以上排土板は下がりません。排土板をプレートか棒状のもので上下させれば、もっと下げることも可能ですが、地面を掘るような作業をさせるのはマイクロサーボにはキツすぎるので、水平まででヤメておきます。

 
f:id:itmk4913:20180714162914j:image

と言うわけで、GF-01×ワイルドウイリー2排土板ギミック(一応の)完成です!!

 
f:id:itmk4913:20180714162932j:image

プラバンでのユニットはお試し版のつもりでしたが、結構上手くできたので、今回はこれで完成とします。また何か良いアイデアが浮かんだら、さらに弄っていきたいと思います。

 

 

 

そうだ!ハンディクリーナーを作ろう③本番

 

どうも。今日もラジコン日和のおーちゃんです。このところラジコンそっちのけで掃除機製作にハマっています。


f:id:itmk4913:20180701114707j:image

前々回、前回の試作機でかなりの手応えをつかんだ、ハンディクリーナー製作。ついに本番機が完成しました!今日はその製作記です。


f:id:itmk4913:20180625171335j:image

本番の材料(本体)はコレ(↑)、100均で買ってきた円柱形の食品保存容器です。


f:id:itmk4913:20180625171738j:image

モーターは、試作機2号に引き続きタミヤさんのスポーツチューンモーターです。


f:id:itmk4913:20180625172105j:image

バッテリーも2号機と同じタミヤさんの7.2vカスタムパツクです。


f:id:itmk4913:20180625171920j:image

使用するファンは、レインボープロダクツさんのターボファンM左回転です。

その他の材料は、製作過程の中で紹介します。では、製作開始です!


f:id:itmk4913:20180625172524j:image

まず、 モーターをガッチリ固定するためのマウントを作ります。材料は、自作ラジコンの失敗シャーシ(2㎜厚のアルミ板)が余っていたのでコレを再利用です。


f:id:itmk4913:20180625172840j:image

2.4㎝×10㎝ほどに切り出し、モーターをマウントするための穴をあけました。


f:id:itmk4913:20180630142516j:image

本体に固定するための穴をあけ、切り口と全体の形をヤスリで整えて、400番の紙ヤスリで磨きました。魅せるパーツじゃないので、この程度で十分です。


f:id:itmk4913:20180630142614j:image

モーターと組み合わせてみました。本体への固定は、何かの工作で余ったミニステーです。うん、ガッチリ固定できそうです。


f:id:itmk4913:20180625200715j:image

モーターを本体にセットしました。まだ排気用の穴をあけていないので仮です。


f:id:itmk4913:20180625201012j:image

本体の底に排気用の穴をあけます。均等にあけるため、紙に下書きしたものを貼り付けて、穴の位置とバランスを確認したうえで作業します。


f:id:itmk4913:20180630142655j:image

キレイに穴があきました(^o^)v


f:id:itmk4913:20180625201614j:image

再びモーターをセットし、ファンも取り付けました。ここで試しにバッテリーに繋いでみたところ、試作機よりもかなりのパワーを感じました。ファンを試作機のSからひと回り大きいMに替えて正解です。


f:id:itmk4913:20180625202103j:image

次はフィルターです。まずは100均のクッションテープ。これを・・・

f:id:itmk4913:20180625202036j:image

本体の内側に貼り付けて、フィルターのストッパーにします。


f:id:itmk4913:20180625202339j:image

事前にこんな感じ(↑)で本体をクルクルして目印の線を引いておくとイイてすね。


f:id:itmk4913:20180625202448j:image

フィルターは、園芸用の不織布を針金に張ります。こんな感じで針金を加工して・・・


f:id:itmk4913:20180625202802j:image

 つなぎ目を伸縮チューブで固定します。

 
f:id:itmk4913:20180625203439j:image

不織布と輪っかを接着し・・・


f:id:itmk4913:20180625203533j:image

輪っかより少し大きめにカットしたら・・・


f:id:itmk4913:20180625203617j:image

本体にセットします。うん、ピッタリです(^o^)vこれで本体後部の動力ユニットができました。

 
f:id:itmk4913:20180625230814j:image

続いては本体の前方部分です。まず、保存容器のフタにコンパスカッターで丸い穴をあけます。

 
f:id:itmk4913:20180701091931j:image

本体前方部分の材料は、1.5Lのペットボトルです。ラベルの下あたりでカットします。 


f:id:itmk4913:20180701092636j:image

保存容器のフタとペットボトルのカットができたので・・・

 
f:id:itmk4913:20180701100810j:image

2つを合体しました。うん、まあまあ、ですかね?


f:id:itmk4913:20180627194146j:image

次は、ゴミが逆流しないようにするための細工です。まず、ペットボトルの先を切り落とし・・・


f:id:itmk4913:20180627203113j:image

ペットボトルの先の輪っかを切り取り・・・

 
f:id:itmk4913:20180627211030j:image

飲み口の反対側に接着し・・・

f:id:itmk4913:20180627210612j:image

クリアファイルをこんな感じ(↑)で切り抜いたものを・・・

 
f:id:itmk4913:20180627221651j:image

 こんな感じ(↑)で貼り付けます。これを・・・

 
f:id:itmk4913:20180701100854j:image

先ほどのペットボトルの内側に接着ます。これで、本体前方のダストボックス部分ができました。


f:id:itmk4913:20180630093012j:image
また本体に戻ります。今度は本体の脚を作ります。キャンプ用具の中にウレタン枕のようなものがありました。これを・・・


f:id:itmk4913:20180630093719j:image

 あれこれ考えながら切り刻んでいるうちに、こんなに小さくなりました。

 
f:id:itmk4913:20180630094203j:image

本体に脚を取り付けました。まあまあですかね。だんだんソレっぽくなってきました♪

 
f:id:itmk4913:20180630152339j:image

続いて、本体の持ち手を作ります。材料は1㎜厚のアルミ板です。何かの工作で使っていたものですが、もう使わないので再利用です。

 
f:id:itmk4913:20180630152356j:image

アルミ板を切り出して持ち手の形に曲げました。そしてここに・・・

 
f:id:itmk4913:20180630152455j:image

 バッテリーをパチンとはめます。

 
f:id:itmk4913:20180630155202j:image

本体に合わせみると、こんな感じ(↑)です。置いたときの重心が高くなりますが、重量物を直接、手に持つことで、本体の重さをあまり感じずに使うとこができるハズです。

 
f:id:itmk4913:20180627193528j:image

続きまして、配線関係です。スイッチは2個で184円のスライドスイッチです。

 
f:id:itmk4913:20180630152624j:image

スイッチに配線用のコードをハンダ付けし、収縮チューブを被せてドライヤーでぶおぉぉーんとやりました。

 
f:id:itmk4913:20180630163019j:image

モーターや電源用のコードは、なるべく目立たないように、持ち手の裏に隠れるギリギリの長さにカットしてからハンダ付け&収縮チューブでつなぎます。

 
f:id:itmk4913:20180630163726j:image

配線むき出しだと持ち手の握り心地が良くないので、床などの配線を隠すアイテムを持ち手の裏に貼りました。

 
f:id:itmk4913:20180630164723j:image

これで配線を隠しつつ、握り心地も良くなりました(^o^)v

 
f:id:itmk4913:20180630164746j:image

ただし、反対側から見ると、バッテリーのコネクターが丸出しですが(汗)。

 
f:id:itmk4913:20180701101331j:image

そして、いよいよダストボックスと動力ユニットの合体です。保存容器のフタは、ネジ式なので、ガッチリ固定&しっかり密着です。


f:id:itmk4913:20180630171416j:image

 最後の材料はコレ(↑)です。ペットボトルの先に付けてジョウロにするやつ。「ハス口(はすぐち)」というそうです。


f:id:itmk4913:20180630171550j:image

 ハス口の先のパーツを外して・・・

f:id:itmk4913:20180701101824j:image
吸い込み口に取り付けます。これで、手首に負担のない角度で使用できます。

 
f:id:itmk4913:20180701101708j:image

 やったー、できたー!と言うわけで、さっそく試運転です。

 
f:id:itmk4913:20180701102303j:image

「ウィーン、バキッ」想定外の事態です。モーターのパワーがありすぎて、ファンが飛んじゃいました。おまけにフィルターが破れてしまいました。

 
f:id:itmk4913:20180701111637j:image

 ファンをつけ直し、フィルターも張り直しました。

 
f:id:itmk4913:20180701111848j:image

フィルターの接着剤が乾くのを待ちきれないので、本体に直接フィルターを被せて・・・


f:id:itmk4913:20180701112006j:image

保存容器のフタをネジネジして固定しました。毎回この方式にして、フィルターを使い捨てにするのも一つの案ですね。

 

と言うわけで、二度目の試運転(写真忘れました)。う~ん、イマイチ吸わない(泣)。バッテリーがダメなのかなぁ?

 
f:id:itmk4913:20180701114747j:image

バッテリーをヘタっていない&フル充電したものに取り替えたら、 見事に復活しました!コーラのラベルを貼り直して完成です!!

 

【おまけ】

今回の工作に使った材料などです。

食品保存容器(クリーナー本体): 108円

ターボファン左回転:291円

ハス口(クリーナーの先端):108円

スライドスイッチ:184円

このほか、針金、不織布、クッションテープなどは家にあったものを使ったので、0円です。モーターとバッテリー(&充電器)もラジコンのあまりを流用したので、結果、わずか691円でハイパワーなハンディクリーナーが手に入りました(^o^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ!ハンディクリーナーを作ろう②試作機2号

前回、500mlのペットボトルと130モーター、乾電池2本でハンディクリーナーの製作にチャレンジした、おーちゃん。
f:id:itmk4913:20180624115549j:image

これは前回の作品。


f:id:itmk4913:20180701091228j:image

調子に乗って、今日は1.5Lのペットボトルでチャレンジです。


f:id:itmk4913:20180624115805j:image

使用するモーターは、贅沢にもタミヤさんのスポーツチューンモーターです。


f:id:itmk4913:20180624115937j:image

バッテリーは、息子と一緒にラジコンを始めたときのカスタムパック。ラジコン用としては少々パワーダウンしてきましたが、まだまだ使えるはずです。

前作と比べて、モーターもバッテリーも一気にパワーアップを図ります。


f:id:itmk4913:20180624120334j:image

モーターをスポチュンにするにあたって、こんなもの(↑)を準備しました。丸型のタッパーです。これのフタを・・・


f:id:itmk4913:20180624120529j:image

こんな感じ(↑)で加工して・・・


f:id:itmk4913:20180624120616j:image

モーターマウントにしました。さすがにスポチュンを前作のようにグルーガンまみれには出来ません。


f:id:itmk4913:20180624120832j:image

ちなみに、前作のモーターはこんな感じ(↑)で固定しました。スポチュンにこんなイタズラは出来ませんよね?


f:id:itmk4913:20180624121015j:image

おっと、タッパーのフタをモーターマウントにしたのはいいけど、空気の通り道を忘れてました。フタに8つほど穴を空けました。


f:id:itmk4913:20180624121210j:image

本体となるペットボトルをカットしたものにも穴をあけ・・・


f:id:itmk4913:20180624121400j:image

モーターをセットします。


f:id:itmk4913:20180624121515j:image

とりあえず、前回と同じ"ターボファンS"でお試しです。
f:id:itmk4913:20180624121830j:image

お試しなので、モーターとバッテリーは指で押さえて直接つなぎます。
f:id:itmk4913:20180624122014j:image

ゴミは、ここまでの作業で出た削りカス。


f:id:itmk4913:20180624121948j:image

おぉーっ!吸引力抜群です!!まだフィルターを作っていないので、ゴミがファンにぶつかってバチバチ音を立てています。


f:id:itmk4913:20180624153130j:image

試作機なので、フィルターは本体に直接くっけました。


f:id:itmk4913:20180624153258j:image

吸いとったゴミが逆流しないように、ペットボトルの先を使った弁をつけました。


f:id:itmk4913:20180624153444j:image

弁はクリアファイルを半円にカットして、一方の端を接着しました。


f:id:itmk4913:20180624164405j:image

ペットボトルの上下を合体し、バッテリーとスイッチをテープでくくりつけました。見た目が汚いけど、まぁ今回もまだ試作機ですから(汗)。


f:id:itmk4913:20180624164635j:image

では緊張のスイッチON。おぉーっ、イイ感じです!写真だとわかりづらいですが、ゴミがクルクルしています。

 さて、試作機1号、2号と順調にレベルアップしたので、次はいよいよ本番です!

 

 

 

 

そうだ!ハンディクリーナーを作ろう①試作機1号

どうも。今日もラジコン日和のおーちゃんです。

今日はラジコンではなく、掃除機です。いつも机の周りがプラスチックの削りカスなどで散らかるので、ハンディクリーナーが欲しなぁと思っていました。


f:id:itmk4913:20180623002345j:image

で、「そうだ、つくっちゃお!」というわけです。今日のところは、ちゃんと機能するかどうかのお試しです。うまくできたら、もう少しちゃんとしたのを作りたいと思います。

 
f:id:itmk4913:20180623002812j:image

材料はコレ(↑)、炭酸水のペットボトル500mlです。


f:id:itmk4913:20180623003540j:image

モーターは、タミヤさんのFA130です。ペットボトルのフタにこんな感じ(↑)で固定したいのですが、このままだとモータの軸が干渉するので・・・


f:id:itmk4913:20180623003924j:image

フタに3㎜ほどの穴を空けました、

 
f:id:itmk4913:20180623004402j:image

フタの側面にも穴をあけ、コードを通してモーターを固定しました。このままだと強度が心配なので、グルーガンをタップリ流し込みました(写真忘れました。 )。


f:id:itmk4913:20180623070211j:image

プロペラはコレ(↑)。レインボープロダクツさんのターボファンS。お値段210円だったかな?昔の換気扇のプロペラみたいですね

f:id:itmk4913:20180623004334j:image

プロペラをモーターに取り付けました。


f:id:itmk4913:20180623071112j:image

ペットボトルの底に穴をあけ・・・


f:id:itmk4913:20180623071206j:image

先ほどのモーターをグルーガンで固定しました。そうそう、ペットボトルは適当な高さにカットしています。


f:id:itmk4913:20180623071340j:image

横からみるとこんな感じ(↑)。

 
f:id:itmk4913:20180623073322j:image
続いてはフィルターです。ペットボトルを1㎝幅くらいに切って、直径を少し小さくします。ただいま接着剤の乾燥待ちです。


f:id:itmk4913:20180623073034j:image

フィルターは園芸用の不織布です。大きいまま貼り付けて・・・


f:id:itmk4913:20180623073850j:image

形を整えたらペットボトルで作った本体にセットします。


f:id:itmk4913:20180623074505j:image

電池ボックスとスイッチを取り付けました。


f:id:itmk4913:20180623075007j:image

ペットボトルの先をハメたら、完成です!


f:id:itmk4913:20180623075625j:image

で、肝心の吸引力は・・・まっ、ご想像のとおりです(汗)。何せミニ四駆で使い古したキーキー言ってるモーターですから。ただ、仕組みとしては最低限のところはクリアしているので、お試し版としては成功です。

 

f:id:itmk4913:20180623093219j:image

 将来的には、このコ(↑)とのコラボを考えていますが、はたして???

 


 

GF-01×ワイルドウイリー2 ライトシステム(番外編)

どうも。"作るの9割、走るの1割"で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。

 
f:id:itmk4913:20180623145638j:image

今日は、ライトシステム工作の番外編です。 実は今回の工作、当初はライトのレンズを全部、自作するつもりでいました。

 
f:id:itmk4913:20180611073830j:image

そのために買ってきたアイテムがコレ(↑)、「おゆプラ」。お湯でやわらかくなるねんどです。なんとダ⚪️ソーで100円です!これを使って・・・


f:id:itmk4913:20180609164941j:image

キット標準のプラパーツでライトの型を取ります(スピード命の作業なので途中の写真なしです。)。


f:id:itmk4913:20180609165112j:image

 裏側も同様に押し付けて型を取ります。

f:id:itmk4913:20180616081822j:image

おぉーっ、イイ感じで表裏の型が取れました。


f:id:itmk4913:20180609165216j:image

で、次のアイテムがコレ(↑)。オーブントースターで熱すると縮むプラバンです。


f:id:itmk4913:20180609165432j:image

10㎝四方くらいに切ったプラバンをオーブントースターで暖めると、↑くらいに縮むので、まだやわらかいうちに先ほど作った型に押し付けます(こちらもスピード命なので途中の写真なしです。)。 


f:id:itmk4913:20180609165857j:image

う~ん、同じ形を二つ作るのが難しい。プラバンの熱でおゆプラが変形するため、指で押さえる時の力加減や、そもそもの縮み方の違いなどで微妙に形が変わるようです。型作りから何回かやり直しましたが、なかなか納得の出来にはなりませんでした(泣)。


f:id:itmk4913:20180610073248j:image

やむを得ず、比較的形が似ている二つを削ってみました。う~ん、やっぱりイマイチ。


f:id:itmk4913:20180610073505j:image

枠があるといいかな?と思って、キーホルダーの輪っかにはめてみました。それらしくなった気もするけど・・・?


f:id:itmk4913:20180616081951j:image

ダ⚪️ソーのスマホレンズにはめてみました。おぉー、さっきよりソレっぽい!ただ、こうなると二つのレンズの若干の違いがますます気になります。

 
f:id:itmk4913:20180616082255j:image

・・・結局、既製品を買いました(笑)。

 

お湯プラで作った型をよ~く冷やしてカチカチにしてから作業するなど、もっと工夫すれば何とかなったのかなぁ。。。次回の教訓にしたいと思います。

 

 

GF-01×ワイルドウイリー2 ライトシステム④完成!

どうも。"作るの9割、走るの1割"で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。


f:id:itmk4913:20180623145840j:image

GF-01×ワイルドウイリー2レッドブル号、ライトシステムの搭載が完了しました!今日は完成記念レポートです。

 
f:id:itmk4913:20180617115032j:image

ヘッドライトは、ワイルドウイリー2ノーマルのプラパーツをくり貫いて、そこにオプションNo.1さんのレンズ(フォグランプ大)をはめ込みました。


f:id:itmk4913:20180623145959j:image

フォグランプは、自作のレンズと100均のスマホレンズの枠を組み合わせました。当初のレンズが瞬間接着剤で白く濁ってしまったので、黄色のレンズを作って重ね貼りしてごまかしましています。


f:id:itmk4913:20180617115850j:image

ブレーキランプも自作のレンズとスマホレンズの部品の組み合わせです。

 
f:id:itmk4913:20180617120022j:image

フロントウインカー。左は半分ウインチに隠れちゃいますが、そこがまたイイんです。「えっ、そんな見えないところまで細工してるの?」みたいな。見えなきゃウインカーの意味ないですけど。。。

 
f:id:itmk4913:20180617120112j:image

リヤウインカー。あまり目立たないコレが一番イイ出来だったりして(汗)。あれ?今さらだけど、この位置だとウインカーとしては役に立たないじゃないですか。ということは、ここの丸いのはウインカーじゃない?

 
f:id:itmk4913:20180617120616j:image
フォグランプの配線。マシンを前から見たときに目立たないよう、ロールケージの後ろや下に隠すように配線しました。黒いコードに変えた方がなお良かったですね。反省×2。


f:id:itmk4913:20180617120533j:image

コントロールユニットは、イーグルさんのLED-06ドリフトライトシステムです。ボディ裏の配線は頑張ったけど、ごっちゃごちゃですね。


f:id:itmk4913:20180617121246j:image

ドキドキのスイッチオン。あれ?走ってないのにヘッドライトが暗く点灯。。。設定を誤ったようですが、まあ良しとしましょう。


f:id:itmk4913:20180623150040j:image

スロットルを握ると、ヘッドライトとフォグランプが100%点灯。おぉーっ、イイですね♪


f:id:itmk4913:20180617121645j:image

右ウインカー。点滅のタイミングに合わせて写真を撮るのって難しいですね。


f:id:itmk4913:20180617121800j:image

左ウインカー。首振りギミックとライトユニットでY字ハーネスを2つ繋いだので動作が心配でしたが、問題ありませんでした。


f:id:itmk4913:20180617121841j:image

ブレーキランプ。たまにしか使わないブレーキですが、赤色LEDはインパクトありますね。


f:id:itmk4913:20180617123044j:image

久しぶりに、自作の室内クローリングコースで遊びました♪

 
f:id:itmk4913:20180625231432j:image

さて、次は何しよう?

GF-01×ワイルドウイリー2 ライトシステム③配線など

前回、ライトやウインカーのレンズを製作した、ワイルドウイリー2ボディ。

 
f:id:itmk4913:20180616182158j:image

今日の工程は、LEDの固定とコントロールユニットの装着、そして配線です。

 
f:id:itmk4913:20180616194446j:image

まずはヘッドライトの組み立てです。ライトのレンズは、キット標準のプラパーツをくり貫いて、そこにオプションNo.1さんのレンズをはめ込みました。


f:id:itmk4913:20180616203255j:image

ヘッドライトのLEDを固定するために、またスマホレンズを買ってきました。シルバーの広角レンズです。


f:id:itmk4913:20180616203440j:image

バラすとこんな感じ(↑)。この中から写真の下の方にある2つを組み合わせて使います。

f:id:itmk4913:20180616195632j:image

こんな感じで、ヘッドライトと組み合わせて接着し・・・


f:id:itmk4913:20180616203834j:image

 フロントマスクにあけた穴にはめ込みます。

  
f:id:itmk4913:20180616210815j:image

裏からLEDを接着したところです。LEDの固定には内径5㎜のゴムワッシャーを使いました。


f:id:itmk4913:20180616212732j:image

接着剤が乾くのを待つ間に、ブレーキランプの準備です。赤色LEDにキャップをつけました。


f:id:itmk4913:20180616214540j:image

 キャップはこれ(↑)。消しゴムつき鉛筆キャップのフタです。


f:id:itmk4913:20180616215828j:image

キャップに黒のテープを巻いて、グルーガンでリヤパネルに固定しました。


f:id:itmk4913:20180616225507j:image

フロントウインカーもブレーキと同じ方法で固定しました。さらに、補強のためグルーガンを流し込んでいます。

 
f:id:itmk4913:20180616231710j:image

リヤ側のウインカーは、グルーガンでボディに直接固定しました。ブレーキランプとの位置関係がビミョーなのでカバーはあとから考えます。


f:id:itmk4913:20180616181604j:image

最後はフォグランプ。キット標準のカバーを止めるためのネジ受けを切り取って、中心に3㎜ほどの穴をあけました。


f:id:itmk4913:20180619144229j:image
あんな小さな穴だとLEDもコネクタも通らないので、いったんコードをチョッキンしました。

f:id:itmk4913:20180617082332j:image

その後、穴にコードを通して、グルーガンでLEDを固定し、さらにレンズと枠を接着したのですが、作業に熱中しすぎて途中の写真を忘れました。レンズの枠は、あえて英字が見えるように取り付けました。意味がわからなきゃカッコイイ?


f:id:itmk4913:20180617082809j:image

次は配線です。現状ごちゃごちゃですが・・・


f:id:itmk4913:20180617083548j:image

ガソリンタンクの裏にコントロールユニットを固定し・・・


f:id:itmk4913:20180617102649j:image

ここまで配線をまとめました。写真だとあまりスッキリ感はありませんが、実物はなかなかイイ感じです。


f:id:itmk4913:20180617103143j:image

フォグランプの配線は、こんな感じです。ロールケージの溝に合わせて、結束バンドで固定しました。


f:id:itmk4913:20180617103638j:image

さらに、右側のバーに沿ってコードを固定し、バッテリーストッパー回避用の穴からボディ裏に配線しました。


f:id:itmk4913:20180617105411j:image

ボディ側の配線と、シャーシ側のメカを接続しました。結構頑張ったつもりですが、やっぱりごちゃごちゃですね。うまくボディが載るのでしようか?


f:id:itmk4913:20180617110228j:image

ふう=3。なんとか収まりました。この角度から見るとスッキリして見えますが・・・


f:id:itmk4913:20180617110446j:image

マシン右横、下から見上げると、もうごっちゃごちゃです。でも、おーちゃん、この感じ嫌いじゃありません。小さいシャーシと狭いボディに、メカや配線がギュウギュウに詰まってると、「目一杯頑張りました!」って、感じがするんです。


f:id:itmk4913:20180617114604j:image

というわけで、GF-01×ワイルドウイリー2、ライトシステムの搭載完了です♪

次回は完成レポートです・・・ん?んんん?フォグランプの輝きが左右で違う?


f:id:itmk4913:20180617222450j:image

あちゃー、やってしまいました。瞬間接着剤(の溶剤)がレンズ面に流れちゃいました。どっちもカッコ悪いけど、右フォグ(写真だと左)は特にひどいですね。さてさて、どうしたものか?

 
f:id:itmk4913:20180623144415j:image

レンズも枠も瞬間接着剤でガッチリ固定してしまったので、もう外せません。そこで新たに一回り小さいレンズを作り、クリアイエローで塗装しました。

 
f:id:itmk4913:20180623145215j:image

まあ、少しはごまかせたかな?

 
f:id:itmk4913:20180623170702j:image

ついでに、ボディの塗装も一部上塗りしました。ボンネットの窓に近い部分のパーツの色がボディと比べて薄いのが気になっていましたが。。。


f:id:itmk4913:20180623170634j:image

かなりイイ感じになりました(^o^)v


f:id:itmk4913:20180623145528j:image

というわけで、今度こそGF-01×ワイルドウイリー2、ライトシのステム搭載完了です。次回は完成レポートです。