おーちゃんの今日もラジコン日和

レストア、改造、今日は何をしよう?

TA-02改&GF-01 ちょっとだけ修正

4月なのに暑いですね~。けど、こんな今日もラジコン日和のおーちゃんです。このところ本業が忙しくてお疲れなので、今日はちょっとだけ。

f:id:itmk4913:20180422184618j:image

先日、テスト走行をしてみたTA-02SW改。走りに大きな問題はありませんでしたが、リヤのボールデフが気になります。結構キツく締めたんですけど、負荷がかかると滑るんですよね。
 

f:id:itmk4913:20180422184425j:image

で、ギヤデフに交換しました。って、この写真じゃ分かりませんね。一応、デフジョイントも交換してるんですけどね。


f:id:itmk4913:20180422184741j:image

当然、全体像も変わりません。ただ、走りは納得いくものになりました。あと、カーペットなどグリップの良いところでバックから急発進するとウイリーすることを発見しました。なかなか今後が楽しみです。


f:id:itmk4913:20180422184638j:image

続いてはGF-01です。RC4WDの80Tモーターを積んでいるのですが、スナップコネクターが緩くて抜けてしまうので、こんな感じでテープ止めしています。これが前から気になっていました。


f:id:itmk4913:20180422184653j:image

余っているスナップコネクターがあったので、交換しました。ああ、やっとスッキリしました(^o^)v


f:id:itmk4913:20180422184812j:image

こちらも全体像は変わりません。けど、前から気になっていたところを改善できたので、とてもスッキリしました。

GF-01×ワイルドウイリー2 オプションパーツ追加

どーも。"作るの9割、走るの1割"で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。


f:id:itmk4913:20180404071948j:image

久しぶりのGF-01×ワイルドウイリー2です。他のマシンの製作(改造)に行き詰まったときに、ちょこちょこ室内で遊んでいます。そろそろ塗装しなきゃなぁ。

 
f:id:itmk4913:20180415132549j:image

塗装はさておき、久々にこのコを弄ってみたくなったので、追加オプションの投入です。イーグルさんの「ステアリングユニバーサルシャフト39㎜」を買ってみました。

 
f:id:itmk4913:20180415133000j:image

おーちゃん"走るの1割"だし、その1割だって室内でまったりと"なんちゃってクローリング"するだけなので、ユニバーサルシャフトは必需品ってわけじやないんです。ただ、ヤ○ーショッピングのクーポンがあったので、ついついポチっとしちゃいました。お値段1053円×2セットです。

f:id:itmk4913:20180415133915j:image

で、あっという間に交換完了です(この写真じゃあよく分かりませんね。)。元々ドライブシャフトが脱落したという経験がないので、効果のほどはわかりません。ただ、これでサスアームなどの足周りパーツをすべてイーグルさんで統一できたので、気分的にとてもスッキリしました。

 
f:id:itmk4913:20180408162445j:image

クーポンが3000円分あったので、コレ(↑)も買いました。タミヤさんの「DT-02ターンバックルサスアーム&タイロッドセット(OP828)」、お値段905円です。

 
f:id:itmk4913:20180415140921j:image

38㎜のシャフトをステアリングロッドに使いました。これで、いちいちアジャスターを外さずにトーイン/トーアウトの調整ができます。・・・って、そんな細かいセッティングをするほど走らせるわけじゃないので、真っ直ぐ走るように調整したら、その後はきっと触ることはないと思います。

 
f:id:itmk4913:20180415142146j:image

というわけで、今回のオプション投入は完全なる自己満足の世界です。

 
f:id:itmk4913:20180415142200j:image

でもいいんです。ホビラジは大人の趣味の世界。趣味の世界は自己満足の世界ですから。

(最近、こればっかりだなぁ。。。)

 

 

 

 

 

TA-02SW(改)爆走トラクター アンダーガード→ロワデッキ変更

前々回、前回とオプションパーツを投入して、かなりお気に入りのTA-02SW(改)爆走トラクター。
f:id:itmk4913:20180401163803j:image

そろそろボディを作りたいのですが、その前にどうしても気になる箇所があります。

 

f:id:itmk4913:20180401163633j:image

それがコレ。バッテリーの固定方法です。現在はアルミ板で作ったバッテリーホルダーでシャーシの裏からネジ止めしています。おーちゃん"走るの1割"なので、ネジ止めなのは良いのですが、見た目的に一体感がないと言うか、何かしっくり来ません。

 

f:id:itmk4913:20180401163706j:image

裏から見るとこんな感じです。見た目も気になりますが、機能的にも障害物が引っ掛かったりバッテリーが傷ついたりしそうで気になるところです。そもそも、アンダーガードの更に下にバッテリーってのがおかしいですよね。まあ、ウイリー仕様もちょっとだけ考えてたからなんですけど。

 


f:id:itmk4913:20180408160741j:image

ただ、ウイリー仕様のマシンは、こんなのとか・・・


f:id:itmk4913:20180408160803j:image

こんなのがあるので、今回のマシンはウイリーさせないことに決めました。


f:id:itmk4913:20180401165426j:image

そこで、アンダーガードはやめて、いったんは諦めたロワデッキの製作にチャレンジしてみたいと思います。

 
f:id:itmk4913:20180407162442j:image

ロワデッキの製作をいったん諦めた理由がコレ(↑)です。アッパーデッキを写真の位置で固定すると、こんな感じでロワデッキとフロントギヤボックスの間に隙間ができます。これを解消するためには、①スペーサーで隙間を埋める。②アッパーデッキの位置を変える。③ロワデッキを曲げる。のどれかになりますが、どれもイマイチです。

 
f:id:itmk4913:20180407162613j:image

①のスペーサーで隙間を埋める案は、ぜんぜんダメです。シャーシ底面にこんなに大きな段差があったら、障害物に引っ掛かってしまいます。

 
f:id:itmk4913:20180407162857j:image

②のアッパーデッキの位置変更もなかなか難しいです。アッパーデッキのフロント側をギヤボックスの上でネジ止めするスタイルにする場合、プロペラシャフトとの干渉を避けるため、アッパーデッキの形状から変更しなければなりません。

 
f:id:itmk4913:20180407163125j:image

それだけなら何とでもなりますが、そうなるとステアリングサーボの搭載位置が難しくなります。現在は↑の写真のとおり、シンプル、かつ、絶妙な位置関係になっています。この位置関係を崩して、上手にステアリング周りを作り上げるのは、おーちゃんの加工技術ではかなり難しいのです。

 
f:id:itmk4913:20180407163408j:image

残るのは③ロワデッキを曲げる。ということになりますが、手作業で2㎜厚のアルミ板を思い通りに曲げるのは至難の技です。しかも作りたいのはロワデッキですから、わずかな歪みが全体のバランスを崩してしまいます。

 
f:id:itmk4913:20180407175013j:image

そうは言っても、もうアルミ板を切り出してしまったので、イチかバチかやってみるしかない!ということで、曲げてみました。 うん、なんとかなりそな予感♪

 
f:id:itmk4913:20180407232127j:image

L字のアルミ材をカットして、バッテリーの前後を押さえるストッパーを作りました。何のために買ったのか忘れたアルミ材だけど、捨てなくて良かったぁ。


f:id:itmk4913:20180408002608j:image

できあがったロワデッキとアッパーデッキ、前後のギヤボックスを固定しました。なんとか合格点をあげても良い出来ですかね?


f:id:itmk4913:20180408093423j:image

裏から見るとこんな感じです。うん、まあまあですかね。シャーシにおーちゃんが写り込んでいるのは無視してください。


f:id:itmk4913:20180408004910j:image

けっこう苦労した割に、この角度からだと 、どこを弄ったのか、ほとんど分かりませんね。

まいっか。自己満足×2(笑)。

 

 

TA-02SW(改)爆走トラクター オプションいろいろ

どーも。"作るの9割、走るの1割"で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。

 
f:id:itmk4913:20180331193720j:image

写真は、先日ようやくシャーシが完成した、TA-02SW(改)爆走トラクターです。今日はこのコにオプションパーツを仕込んで行こうと思います(すでに装着済みのモノも紹介します。)。

 
f:id:itmk4913:20180331141745j:image

1150ベアリング16個(OP1579)。フルベアは基本ですね。手持ちの850ベアリング6個とともに組み立て当初から入れてあります。

 
f:id:itmk4913:20180327073055j:image

4WDフロントワンウェイユニット(OP200)。これは前回装着しました。文字通りフロントの駆動をワンウェイ、一方向にするものです。これによって、前後のタイヤの回転差が調整され、スムースな走りが期待できます。前後のタイヤの大きさが異なる四駆のトラクターには必須のアイテムでしょうか。

 
f:id:itmk4913:20180331141620j:image

ハイトルクサーボセイバー(SP1000)とアルミサーボホーン(スクエア)。


f:id:itmk4913:20180331145932j:image
正直、おーちゃん"走るの1割"なので、ノーマルとの違いがあまりわかっていませんが、何となくステアリングの反応が良くなる気がします。

 
f:id:itmk4913:20180331141932j:image

クランプ式アルミホイールハブ9㎜(OP1610)。これはイイですよ!タイヤ交換の際に2×10㎜シャフトが抜けて、「あ"ーイライラするー!」ってアレから解放されます。

 
f:id:itmk4913:20180331145908j:image

タミヤブルーがカッコイイ♪・・・ってタイヤを履けば見えなくなっちゃうんですけどね。

 
f:id:itmk4913:20180327132652j:image

アルミモーターマウント(GPM)。これもイイですね。ノーマルのプラ製マウントは、使っているうちに折れちゃうとこがありますから、アルミ製のものに替えておくと安心です。

 
f:id:itmk4913:20180407213736j:image

DT-02ターンバックルサスアーム&タイロッドセット(OP828)。42㎜のものをステアリングロッドに使いました。トーイン/トーアウトのセッティングのほか、クルマがまっすぐ走らない時の調整にも活躍します。トリム調整が大きいとサーボホーンのセンターも大きくズレるので、左右の曲がり具合に差が出てしまうことがあります。


f:id:itmk4913:20180407230205j:image

(↑)この状態ですね。サーボホーンのセンターを動かさずに、ステアリングロッドの長さ調整だけでまっすぐ走るようにできるのが理想ですが、いちいちアジャスターを外すのはとても面倒です。ターンバックルを使うことで、アジャスターを外さずにロッドの長さを調整できるのは、とてもありがたいです。

 
f:id:itmk4913:20180401162539j:image

TL-01ステンレスサスシャフト(OP301)。ギヤボックスにサスアームを固定する際、スクリューピンに替えて使用します。ネジ式からEリング式になるので、サスアームへの負担が少なくなり、可動もスムースになります。

 

f:id:itmk4913:20180407214346j:image
まっ、おーちゃんの場合、機能面よりも見た目的にこっちの方が「ツウな感じ」が出るかな?くらいですけどね。TL-01用なので長さが合わない箇所にスペーサーを入れてあるのも、ツウっぽくないですか?

 
f:id:itmk4913:20180408070348j:image

 というわけで、作業工程をすっ飛ばしてオプションパーツへの交換完了です。

 
f:id:itmk4913:20180408070535j:image

ちなみに、もう一度オプションパーツ装着前をご覧いただくとコレ(↑)。

・・・見た目の違いは全くわかりませんね。ガンガン走らせる人ならともかく、おーちゃん"走るの1割"の人ですから、オプションパーツの投入は完全に自己満足の世界です。

 
f:id:itmk4913:20180408093651j:image

でも、いいんです。ホビラジは大人の趣味の世界。趣味の世界は自己満足の世界ですから。

あー、そろそろボディ作らなきゃなぁ。

 

TA-02SW(改)爆走トラクター フロントワンウェイ装着

祝?エイプリルフール!官公庁などでは今日から新年度が始まりますが、相変わらず今日もラジコン日和のおーちゃんです。

 

f:id:itmk4913:20180328220235j:image

「TA-02SW(改)爆走トラクター」シャーシが完成しました!

 

ん?(  -_・)?!


f:id:itmk4913:20180313235116j:image

またまたピンときちゃった(笑)。いや、気がついてしまったと言った方が正しいですね。

 
f:id:itmk4913:20180325211952j:image

それがコレ。前後のタイヤ径の違いです。「四駆のトラクターRCを作りたい!」と思ってTA-02を改造したのですが、このコはフルタイム4WDです。


f:id:itmk4913:20180314001704j:image

TA-02は、もう何台も組み立てているので確認するまでもありませんが、ギヤを見ると、前後「等速」であることがわかります。つまり、後輪が1回転すれば前輪も同じように1回転します。それのどこが問題かと言いますと・・・


f:id:itmk4913:20180331140114j:image

・・・後輪 は1回転すると約40㎝進みますが、前輪は約30㎝しか進みません(写真は左から右に進もうとしているイメージです。)。

 

ということは、後輪が一生懸命進もうとしても、前輪が「そんなに早く走れないよ~」ってなってしまい、前輪がブレーキになってしまいます。それだと本来のスピードを出すことが出来ません。


f:id:itmk4913:20180314074836j:image

本来のスピードが出せなかったら、「F」赤木軍馬の爆走トラクターにならないじやないですか!だからファムキンやくまモントラクターは2駆なのかなぁ。そもそも軍馬のトラクターも時代的に2駆かなぁ?う~ん・・・

 
f:id:itmk4913:20180314074758j:image

悩んだ末に買ってみました、タミヤさんの4WDフロントワンウェイユニットです。。OP.200ってことは、けっこう昔からあったパーツなんですね。コレを装着すると、後輪のトラクションが抜けた時だけ前輪が駆動するようになるそうです・・・って、???ですね。

 
f:id:itmk4913:20180314190459j:image

とりあえず組み立ててみましょう。パッケージを開けると、こんなパーツが入っていまして・・・

 
f:id:itmk4913:20180314190832j:image

デフキャリアを開け、ベベルギヤに替えて先程のパーツを組み込みます。取説どおりに組んだハズですが、取説はTA-03の例で、TA-02の場合はパーツを逆向きに組み込む必要があったようです(泣)。このあとやり直しました。


f:id:itmk4913:20180314191321j:image

パーツを組み込んだら、デフキャリアを閉じて、ギヤボックスに戻します。こうなると見た目は普通のデフギヤと同じです。これがそんなにすごいモノなの?

 
f:id:itmk4913:20180325212253j:image

タイヤを浮かせた状態でスロットルを握ると、4輪とも駆動しますが。。。

 
f:id:itmk4913:20180325212407j:image

バックに入れると、後輪だけが駆動します。おぉーっ!名前のとおり、ワンウェイですね。

 
f:id:itmk4913:20180325212458j:image

前進方向に駆動させたあとスロットルを離すと、後輪はブレーキがかかって止まりますが、前輪は惰性で回り続けます。ほほーっ、自転車のギヤと同じ仕組みですね。

 
f:id:itmk4913:20180325212710j:image

これで、直進する時など後輪にしっかりとトラクションがかかっている時は、前輪はただ押されて回転しているだけ、つまりブレーキのかからない状態になりました。

 
f:id:itmk4913:20180325213019j:image

 一方、カーブやツルツル路面などで、後輪のトラクションが抜けたときは、前輪も駆動するので安定した走行が可能になるようです・・・が、これは走らせてみないとわかりませんね。

 


f:id:itmk4913:20180325213455j:image

カーブでの走行性能はともかく、これで赤木軍馬のトラクターよろしく、直進だけは爆走できる準備ができました(^o^)v 

 



 

 

オリジナルRCカーを作ろう⑨シャーシ完成!&テスト走行♪

どーも。"作るの9割、走るの1割"で日々RCライフを楽しんでいる、今日もラジコン日和のおーちゃんです。

 
f:id:itmk4913:20180331102739j:image

「TA-02SW(改)爆走トラクター」(今日からこう呼ぶことにしました。)のシャーシが完成したのでテスト走行を行いました。

 
f:id:itmk4913:20180331113659j:image

速っ、めっちゃ速いです!このところずっとGF-01に80Tモーターでまったりと遊んでいたので、スポチュンがめちゃめちゃ速く感じます。ボディがまだなので、とりあえずファイヤードラゴンをくくりつけました(笑)。

 

タイヤ径が130㎜、モーターが18300r/min、ギヤ比が11.273:1だから・・・130×3.14×18300×60÷11.273÷1000000≒39.7km/h?。モーター無負荷時の回転数なので実際にはそこまで速くはないですけどね。

 

テスト走行を無事終えたので、ここでいったん、マシンの全貌をご覧いただこうと思います。

 
f:id:itmk4913:20180331102821j:image

前・中・後の三分割構造が工作好きのハートをくすぐるタミヤTA-02。今回もまた中央のメインシャーシを自作しました。シャーシの材料は2㎜厚のアルミ板です。

 
f:id:itmk4913:20180331103122j:image

フロント足周りは、TA-02SWのサスアームにGF-01のアップライトを合わせました。サーボホーンとの兼ね合いなのですが、結果として、切れ角も少し大きくなった気がします。

 
f:id:itmk4913:20180331103215j:image

フロントのオイルダンパーは、DF-02用のダンパーエンドを短いものに交換して装着しました。

 
f:id:itmk4913:20180331103348j:image

TA-02のダンパーステーは普通に使うと破損しやすいので、アルミ板で作った補強プレートごとネジ止めするスタイルにしました。

 
f:id:itmk4913:20180331103635j:image

今回の改造は、トラクターなのでホイールベースをなるべく短く、かつ、低重心にするためバッテリーは横置きで。というところにこだわった結果、ホイールベースは200㎜程になりました。

 
f:id:itmk4913:20180331103904j:image

プロペラシャフトは5㎜のアルミ棒と2×10㎜シャフトを組み合わせて作りました。ジョイントカップはYRさんのアルミ製です。

 
f:id:itmk4913:20180331104017j:image

リヤに足周りは、TA-02SWそのままです。当初、サスアームを逆向きに組みましたが、サスアームは普通に組んで、シャーシを伸ばした方がメカやバッテリーのスペースを確保しやすいことに気がつき、元に戻しました。

 
f:id:itmk4913:20180331104107j:image

リヤダンパーもDF-02用です。こちらはダンパーエンドを替えても明らかに長すぎるので、ダンパーステーの補強を兼ねた延長用のアルミプレートを作って装着しました。

 
f:id:itmk4913:20180331104209j:image

モーターは、タミヤさんのスポーツチューンです。アルミモーターマウントで見えないところのオシャレ&ガッチリ固定です。ピニオンは一番小さい16Tですが、タイヤが大きいので最高速はなかなかのものです。駆動系はもちろんフルベアリングですよ。

 
f:id:itmk4913:20180331104346j:image

タイヤ&ホイールは、RCトラクターくまモンバージョンのセットをカスタマーから取り寄せました。フロント97㎜、リヤ130㎜なので、かなりのヒップアップですね。

 
f:id:itmk4913:20180331104655j:image

バッテリーがない状態でシャーシを裏から見ると、こんな感じです。1㎜厚のアルミ板でアンダーガードを作り、サーボホーンとモーターをガードしています。

 
f:id:itmk4913:20180331104506j:image

バッテリーを装着して裏から見るとこんな感じになります。バッテリーの固定がネジ止めなのは少々面倒ですが、おーちゃん"走るの1割"なのでそこは問題なしです。

 
f:id:itmk4913:20180328214621j:image

いやぁ~、よくこの状態から(↑)ここまで(↓)きました。頑張りました。
f:id:itmk4913:20180328214901j:image

次回からは、タイトルを「TA-02SW(改)爆走トラクター」に変更して、ボディ製作編をレポートできたらなぁ。

と思っていますが、ここまでの出来にかなり満足してしまっているので、どうなることやら。。。

オリジナルRCカーを作ろう⑧シャーシ組み立て

前回、メインシャーシとアンダーガード、メカデッキをアルミ板で製作したTA-02改オリジナルトラクター。


f:id:itmk4913:20180325182440j:image

今日はお楽しみの組み立て作業です♪

 
f:id:itmk4913:20180325184957j:image

まず、メインシャーシにステアリングサーボを逆さまに取り付けます。サーボホーンはまだですよ。


f:id:itmk4913:20180325185337j:image

次に、シャーシを裏返してサーボホーンを取り付けます。シャーシには15㎜ほどの穴しかあけていないので、手順を間違って先にサーボホーンを取り付けると、穴を通らないのでやり直しになっちゃいます。


f:id:itmk4913:20180325190757j:image

ステアリング周りの準備ができたので、メインシャーシとプロペラシャフト、前後のギヤボックスを合体します。ここで一気にクルマらしくなりますね。ここがTA-02の好きなところです。

 
f:id:itmk4913:20180325191124j:image

あらら、このブログの文章を考えながら作業してたら、プロペラシャフトを忘れました(汗)。しかも、リヤのギヤボックスはアンダーガードと一緒に固定する作りでした。。。

 
f:id:itmk4913:20180325201514j:image

気を取り直して、リヤのギヤボックスを一旦外して、プロペラシャフトを装着しました。


f:id:itmk4913:20180325201540j:image

 同時にアンダーガードも取り付けました。これでもうサーボホーンは触れません。事前にサーボのセンター出しを忘れたら大変です。このへんの整備性の悪さが自作シャーシですね。


f:id:itmk4913:20180325203224j:image

シャーシを表に戻して、メカデッキ用のプレートを取り付けます。メカをほかの場所にして、ここにバッテリーを載せれば、ウイリー仕様にもなるかな?

 
f:id:itmk4913:20180325204248j:image

ウイリー仕様にも興味が湧きますが、とりあえず予定どおりメカデッキに受信機とアンプを固定し、配線を済ませました。

 
f:id:itmk4913:20180325205145j:image

タイヤを装着しました。タイヤは&ホイールは、RCトラクターくまモンバージョンのものをカスタマーから取り寄せました。フロント97㎜、リヤ130㎜です。

 
f:id:itmk4913:20180325205931j:image

バッテリーは、アルミ板を曲げたホルダーに載せてシャーシにネジ止めです。交換が少々面倒ですが、おーちゃん"走るの1割"なので問題ありません。

 
f:id:itmk4913:20180325210030j:image

モーターはタミヤさんのスポーツチューンを社外品のアルミモーターマウントで取り付けます。ピニオンは一番小さい16Tです。これでもギヤ比は11.273:1なので130㎜のビッグタイヤと合わせれば、かなりのスピードになるハズです。

 

f:id:itmk4913:20180325210218j:image

というわけで、「TA-02改オリジナルトラクター」シャーシの完成です!

 


f:id:itmk4913:20180325210336j:image
では、さっそくテスト走行に行ってきま~す!!