おーちゃんの今日もラジコン日和

レストア、改造、今日は何をしよう?

ワイルドミニ四駆改造RC マンモスダンプ復活編(その3 パーツの塗装)

祝・梅雨明け宣言!今日もラジコン日和のおーちゃんです。

 

前回までで、パーツの加工・製作ができたワイルドミニ四駆改造RC。今回は、おーちゃんが大の苦手としている塗装です。

 

目指す姿はコレ(↓)です。

f:id:itmk4913:20170723144414j:image

GF-01メタルダンプトラックです。コイツとマンモスダンプを兄弟っぽく仕上げたいと思いますが、おーちゃんの塗装技術ではメタルな感じを出すのは難しいので、シャーシをシルバー、ボディをブラックで塗装するだけにします。

 


f:id:itmk4913:20170723143233j:image

使う道具はコレ(↑)、タミヤさんから出ているエア缶式のエアブラシです。評価はいろいろあるようですが、おーちゃんはコレで十分です。


f:id:itmk4913:20170723143818j:image

使用する色はコレ(↑)。ブラックとクロームシルバー。2つで240円です。ここがエアブラシのいいところですよね。缶スプレーだと2本で1000円はするので、エアブラシが無かったら、棚に余していたツヤなしの黒と普通のシルバーで妥協するところでした。

 

さて、ここからは時間との勝負なので、塗装終了まで写真なしです。

 
f:id:itmk4913:20170723151639j:image

まずは、シャーシの各パーツ。まずまずですかね。ちょっと串揚げみたいですね。


f:id:itmk4913:20170723152200j:image

次にホイール。途中で塗料がなくなって、あわてて足したら溶剤が多すぎて、最初垂れてしまったのですが、なんとかリカバリーしました。

 

さて、ボディが困りました。シールを剥がして全体的に塗装するか、シールを生かすためにマスキングするか。

シールを剥がせば全体をキレイに塗装できますが、窓やライトをどうしましょう?ってなるし、シールを生かすとなると、うまくマスキングできるかどうか。。。


f:id:itmk4913:20170723153118j:image

迷っていてもしょうがないので、マスキングしました。って、スプレーしたあとじゃわかりませんね。うまく出来たかどうか、マスキングを剥がすのドキドキです。


f:id:itmk4913:20170723161208j:image

おぉー!思いのほか、うまく出来ました。自分で言うのもアレですが、おーちゃん手先が器用ですね。これで絵心とか美的センスみたいなものがあれば、作品の幅が広がるんですけどねぇ。。。

 

さあ、塗装も出来たし、最後はお楽しみの組み立てです!では、さようならです。