おーちゃんの今日もラジコン日和

レストア、改造、今日は何をしよう?

ワイルドミニ四駆改造RC マンモスダンプ復活編(その4 組み立て)

f:id:itmk4913:20170726132358j:image

前回、パーツの塗装まで出来たワイルドミニ四駆改造RC。今日は、いよいよお楽しみの組み立て作業です。



f:id:itmk4913:20170723170151j:image
まずは、シャーシ兼ギヤボックスの組み立てです。ここは取説どおりにサクサクっと行きたいのですが、フロント部分をカットしているため、このままだと前から見たら中のギヤが丸見えです。


f:id:itmk4913:20170723170357j:image

そこで、5mm角のプラ棒を切って、こんなもの(↑)をつくりました。コレでギヤボックスにフタをして、中が見えないようにすると同時に、ゴミの侵入を防ぐ作戦です。


f:id:itmk4913:20170723170951j:image
シャーシに取り付けると、こんな感じです。フロント用グレーギヤの穴を利用して、ギヤカバーをネジ止めすることで、ギヤボックス全体をガッチリ固定します。


f:id:itmk4913:20170723171723j:image

正面から見るとこんな感じです。いいですねぇ。

 

f:id:itmk4913:20170723172808j:image

後ろ半分できました!・・・と思ったら、モーターの事前準備を忘れていました。


f:id:itmk4913:20170723182942j:image

 使用するモーターはコレ(↑)です。7.4v のリポバッテリーを使う予定なので、3v用の普通の130モーターだと、全開走行したら壊れちゃう恐れがあります。このモーターも定格出力6.0vなので、やや不安はありますが、3v用よりはいいでしょう。


f:id:itmk4913:20170723183506j:image

モーターにコードとノイズキラーコンデンサーを取り付けました。コンデンサーは、プラス極とモーター缶、マイナス極とモーター缶、プラス極とマイナス極をそれぞれハンダ付けします。アッパーデッキとシャーシの隙間にコンデンサーが収まるよう位置を考えてハンダ付けするのがポイントです。

 
f:id:itmk4913:20170725202243j:image

シャーシにモーターをセットして、アッパーデッキをネジ止めすると、こんな感じです。

 
f:id:itmk4913:20170725203355j:image

ロワデッキを土台に、フロント周りを組み立てると、こんな感じになります。あらら?サーボマウントを作るのを忘れていました。

 

f:id:itmk4913:20170727132015j:image

今回、アルミ板でのサーボマウント製作を試みたのですが、イマイチ納得のいく出来にならなかったので、いつもどおりプラ板と5mm 角棒で作りました。


f:id:itmk4913:20170727134037j:image

ステアリングサーボを自作のサーボマウントで挟むように両面テープで固定します。


f:id:itmk4913:20170727140845j:image
アッパーデッキとロワデッキでサーボを挟むように、こちらも両面テープで固定します。

真っ直ぐに、そして真ん中に取り付けられていると良いのですが。手作りパーツは、どうしても若干の歪みやズレがあるので、全体を組み上げてみないと、なんとも言えません。。。


f:id:itmk4913:20170727141404j:image

今度こそ、ステアリング周り完成です!今のところいい感じです。ボールペンのスプリングをはめただけのサスペンションですが、いい雰囲気が出ていると思うのは、おーちゃんだけでしょうか?


f:id:itmk4913:20170727141721j:image

さあ、これでシャーシが出来上がりました。次回、メカとバッテリーを積んでボディを装着したら完成です。