おーちゃんの今日もラジコン日和

レストア、改造、今日は何をしよう?

TA-02×ワイルドウイリー2 ③考察いろいろ

前回、メインシャーシやアンダーガードなどを製作し、とりあえず走れる状態にはなった「街乗りウイリー」製作企画。


f:id:itmk4913:20180924153526j:image

走れるとは言っても、テキトーにバッテリーを固定しただけです。超狭いウイリーボディを載せるためには、各所のサイズをかなり細かく、しかも同時進行で決めて行く必要があります。


f:id:itmk4913:20181009235014j:image

まず、何と言ってもバッテリーの搭載が問題です。今回はこんな感じ(↑)で、ボディの形状に合わせてバッテリーを収めたいと思います。・・・と言うより、ここにしか収まりません。


f:id:itmk4913:20181009235603j:image

で、最初に考えたのがこのスタイル(↑)。ホームセンターで買えるミニステーを組み合わせてみました。お手軽ですが、若干ボディの位置が高くなりすぎるのでボツです。


f:id:itmk4913:20180925072322j:image

次に考えたのがこのスタイル(↑)です。ステアリングサーボのお尻と同じ高さにプラバン(黄緑)を仮設置し、その上にバッテリーを載せてみました。


f:id:itmk4913:20180925072920j:image

レッドブル号のボディを借りて、位置関係を確認します。うん、前後の感じはこれで良さそうです。上下に関してもこんなもんですかね。


f:id:itmk4913:20181005210810j:image

そうそう、紹介するのを忘れていましたが、カスタマーサービスさんからボディパーツが届きました。これで微妙な位置調整がやりやすくなります。


f:id:itmk4913:20181009065516j:image

さっそくニョーボディを載せてみます。って、高さが全然ダメですね。


f:id:itmk4913:20181007172132j:image

原因はコレ(↑)、ボディ裏の出っぱりです。写真中央の逆L字型のパーツがサーボにぶつかるため、ボディ全体の高さを押し上げてしまいます。


f:id:itmk4913:20181007172757j:image
と言うわけで、新品ボディをいきなりの一部カットです。これでどのくらいの効果があるかと言いますと・・・


f:id:itmk4913:20181005212258j:image

カット前(↑)とカット後(↓)です。1㎝程度ではありますが、随分と印象が違います。

f:id:itmk4913:20181007113551j:image

ボディの上下と前後の位置関係は、こんな感じ(↑)で良さそうです。


f:id:itmk4913:20181013082427j:image

ボディの位置関係にメドがついたので、次はバッテリーの固定です。以前作ったコレ(↑)が使えそうですかね?

f:id:itmk4913:20181013082006j:image

バッテリーの次はボディマウント。TA-02にウイリーボディですから、当然、キット標準のパーツは使えません。とりあえず、お試しでこんなもの(↑)を作ってみました。

 

f:id:itmk4913:20181009233359j:image

バッテリーホルダーとお試しボディマウントを取り付けてみました。このあとの写真を撮り忘れましたが、高さ、前後の位置ともにOKでした。


f:id:itmk4913:20181010210037j:image

通常ならこれでもOKなのですが、今回はボディにライトユニットを仕込むつもりなので、配線の都合も考えなければなりません。


f:id:itmk4913:20181010210003j:image

う~ん、特にフロントはコードを通す場所がないうえにカッコ悪いなぁ。。。


f:id:itmk4913:20181013083409j:image

ちなみに、黄緑のプラバンを外すとこんな感じ(↑)。一見キレイに収まっているようにみえますが・・・


f:id:itmk4913:20181013083529j:image

ボディにはライトユニットとLED、シャーシ側にはY字ハーネスを繋ぐ必要がありますので、配線の取り回しが難しいです。


f:id:itmk4913:20181011070153j:image

まっ、今日のところはこの状態でテスト走行をして、問題がなければ終了です(写真はありませんがテスト走行は問題なしでした。)。